これだけは知っておこう!賢い給湯器の選び方

給湯器の号数を決めよう

まず最初に、給湯器を選ぶにあたり給湯器の給湯能力を選択する必要があります。これは、10号・16号・20号・24号・28号などの種類があり、数字が大きいほど給湯能力が高い給湯器ということになります。10号ですと、1箇所のみの給湯タイプとなりますので、台所かお風呂かどちらだけの給湯となります。一般的には、一人暮らしやカップルなどでのお住まいの場合は16号、二人から三人のファミリー世帯では20号、四人から五人くらいの家族であれば24号タイプがオススメです。

お風呂の機能を考えよう

給湯器を使用してお風呂のお湯はりをする際には、いろいろな機能があります。一番シンプルなものは、蛇口から直接お風呂にお湯を張るタイプで、水とお湯を割合を自分で調整してお湯はりをすることとなります。このタイプは「給湯専用」と言います。最近の給湯器では、ボタンひとつで、あらかじめ設定しておいた温度にて自動的にお湯はりを行い、差水や追い炊きなどの機能が付いているものもあります。そのタイプは「オート」と言います。

エコジョーズにするか検討する

最後に、エコジョーズのタイプを導入するかどうかを決める必要があります。エコジョーズの給湯器を導入するメリットとしては、「CO2の排出が少ないため環境に優しい」ということと、「毎月のガス台を節約できる」ということが挙げられます。ただし、初期導入費用が高価であることがデメリットとなります。給湯器の使用頻度により、導入したほうが特かどうかが変わってくるので、自分のライフスタイルを今一度見直して検討してみるのが良いでしょう。

故障などの不具合が生じた場合には、給湯器の相模原に問い合わせてみましょう。修理や新製品の購入に関する相談にのってもらえるからです。